NEWS

ニュース
  • 2023.12.07
  • グランツーリスモ関連情報

グランツーリスモ7初心者のための電子デバイス講座! TCSやASM(ESC)について徹底解説

TSCなしでアクセルを乱暴に踏むとスピンしてしまう

グランツーリスモ7の設定にもある、TCSとASM(ESC)。
クルマにあまり興味のない方だとあまり馴染みはないかも知れないが、一般車にも採用される安定走行に欠かせない装備だ。

特にグランツーリスモ初心者の方は、より楽しく走るために働きをぜひ理解しておいてほしい。
レースカーのみならず一般車にも装備される、TCSとASM(ESC)について詳しく解説しよう。

TCSとESCはクルマの姿勢を安定させてくれる電子デバイス

TSCとASM(ESC)があれば多少ラインを外しても安定して走れる

TCSとは、「トラクションコントロールシステム(Traction Control System)」の頭文字をとったエンジン出力を自動制御する装置。
一方で、ESCは「エレクトリックスタビリティコントロール(Electronic Stability Control)」の頭文字で、日本語では横滑り防止装置と呼ばれる。
いずれも、クルマの安定性を自動的に維持する装置で、レーシングカーのみならず一般車への導入も進んでいる電子デバイスだ。

まずは、TCSとESCについて詳しく紹介しよう。

人間の操作では追いつかない領域をサポート

クルマの姿勢を乱しやすい濡れた路面やコーナリング時に、TCSやESCは人間の操作では追いつかない繊細な制御を自動で行ってくれる。
また、人間は操作ミスをするものなので、運転の安全性をより高めてくれる点もTCSとESCの大きなメリットだ。

一方、極限状態で走行するレースでも、TCSは欠かせない装置になりつつある。
マシン性能が向上してレーススピードが上がると、プロドライバーといえども操作が追いつかなくなってきているためだ。

特にコーナリング時にタイヤが空転すると、クルマの挙動が乱れてスピンにつながってしまう。
一方で、タイヤがどの程度のパワーで限界を超えるかという判断は難しく、特に高速で走行するレースでは繊細なアクセルコントロールが求められる。
そこで、タイヤのグリップ状況に応じた出力制御を行う装置として、TCSが開発された。

繊細なアクセルワークをしてくれるTCS

TCSは、人間の代わりにアクセルコントロールをしてくれる装置だと考えると理解しやすい。
例えば、停止状態からアクセルをいきなり踏み込むと、駆動輪が空転してしまう。
しかし、TCSがあれば、タイヤが空転しないように自動的にエンジン出力を制御してくれる。

また、コーナリング時はタイヤのグリップが横方向にも使われるため、乱暴にアクセルを開けると簡単に限界を超えてしまう。
TCSによってタイヤのグリップ力に応じたエンジン出力に調整することで、最適な加速力を得られる。

ESCで4輪を制御して安定したコーナリングを実現

ESCは、アンダーステアやオーバーステアといったコーナリング中にクルマが不安定な状態になると、安定させる方向にすべてのタイヤを制御する技術。
技術としては、TCSとABS(アンチロックブレーキシステム)を総合的に制御することで横滑りの防止を実現している。

例えば、オーバーステア(クルマが曲がりすぎる状態)であれば、駆動輪の空転を防ぎ、後輪側にブレーキをかけるなどオーバーステアを打ち消す方向に制御するといった具合だ。

なお、ESCはクルマの安全性を高める装置として、普通車は2012年、軽自動車は2018年以降のクルマに取り付けが義務化されている。

グランツーリスモ7では使い分けることが重要

ASMはアシストセッティングでオンオフできる

一般道ではなくサーキットをレーススピードで走るグランツーリスモでは、TCSやASM(ESC)は状況によって使い分けることが必要。
グランツーリスモ7での、TCS、ASMそれぞれの働きを詳しくみてみよう。

TCSは状況やドライバーのレベルに応じて設定を変える

グランツーリスモ7でのTCSは、オフも含めて合計6段階に調整できる。
TCSはレース中にも変更できるため、状況に応じて随時使い分けてほしい。
特に細かいアクセルコントロールがまだ苦手な初心者ドライバーの場合は、TCSレベルを最大の5に設定すると走りやすくなるはずだ。

一方で、グランツーリスモに関しては、究極的にはTCSはないほうが速い場合もある。
TCSはエンジン出力を抑制する方向で働くため、場面によってはパワーを十分に得られない。
タイヤのグリップを使い切れるのであれば、TCSオフのほうがエンジン出力に制限がかからない分コーナリング時に鋭く立ち上がれる。

実際JEGTのトップドライバーをみると、レース中はTCSをオフにしている選手がほとんど。
繊細なアクセルワークのできるトップドライバーにとって、コーナリングの立ち上がりが鈍くなるTCSはタイムが落ちる要因になるためだろう。

一方で、グリッドスタート時には、発進時の空転によるロスを最小限に留めるためにTCSをオンにしていることもある。
また、雨中のレースなどでは有効なこともあるので、TCSは状況に応じての使い分けを意識しよう。

ASM(ESC)は初心者の練習に有効

一般的にスタビリティコントロールと呼ばれる横滑り防止装置は、グランツーリスモ7では「アクティブスタビリティマネジメント(ASM)」と呼ばれている。
オーバーステアやアンダーステアなどクルマが不安定な状態に陥ると、4輪のブレーキが個別に自動で働いて姿勢を制御してくれる。

グランツーリスモ初心者が最初にぶつかる壁は、コーナリングがうまくできなくてコースを周回することすらできないことだ。
周回できなければいつまでたってもコースを覚えられないし、何よりゲームとして楽しくない。
ハンドル操作やブレーキ操作に集中するためにも、無理せずASMをオンにして練習を重ねることをおすすめする。

ただし、デイリーレースや大会などでは使用が禁止されていることもあるので、最終的にはASMオフで走ることを目指そう。

電子デバイスはあくまでも人間のサポート

TCSはレース中に自由に設定を変えられる(画面中央)

TCSやASM(ESC)といった電子デバイスは、クルマを安定して走らせるために有効なデバイスだ。
しかし、電子デバイスは万能ではないので、制御能力の限界を超えるとクルマは姿勢を乱してしまう。
電子デバイスの恩恵を得つつ、あくまでもドライバー自身がクルマをコントロールする意識が大切だ。

一方で、グランツーリスモだけでなく、実車でのサーキット練習時にも電子デバイスは有効に使える。
最終的にオフにするかどうかは意見のわかれるところだが、TCSやASM(ESC)の作動状況を見ながら走ることで、自分の弱点に気がつけるからだ。
例えば、コーナリングの立ち上がりで常にTCSが作動しているということは、タイヤのグリップ力に対してアクセルを踏みすぎているということがわかる。

特に初心者でまだ思い通りに走れない場合は、一度全ての電子デバイスをオンにした状態で走ってみよう。
コースを無理なく周回できるようになって、グランツーリスモをより楽しめるようになるはずだ。

Text: 渡邉 篤

TCSの使用を検討したい雨中のレースとなったJEGT2023 Rd.2 トップリーグ アーカイブ

関連記事

グランツーリスモ7初心者のためのクラッチとブレーキ講座! 基本的な仕組みと性能アップのポイントまで詳しく解説

グランツーリスモ初心者のためのターボ講座! 過給器全般の仕組みからセッティングのポイントまで詳しく解説

グランツーリスモ初心者必見! 固有振動数と減衰力の役割と車高も含めたセッティングのコツ

« 2021.11 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2022.10 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.11 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
« 2022.12 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
« 2023.1 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2023.2 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
« 2023.3 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2023.4 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
« 2023.5 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2023.6 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2023.7 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2023.8 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2023.9 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2023.10 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2023.11 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2023.12 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2024.1 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2024.2 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
« 2024.3 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2024.4 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2024.5 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031