RACE REPORT

レースレポート
  • 2022.09.16
  • トップリーグ

【レースレポート】 AUTOBACS JEGT GRAND PRIX 2022 Series Supported by GRAN TURISMO ROUND.1 トップリーグ| 全てのセッションでトップを獲得したEVANGELION e-RACING with 広島マツダが完全勝利

Text:渡邉 篤

JEGT開幕戦レーススタート
2022JEGT開幕戦レーススタート模様

国内最大級の規模で開催されるJEGTの2022年シーズンが、2022年9月11日(日)に開幕。
今シーズンは、2021年に行われた団体戦のランキング上位10チームで構成される「トップリーグ」と、法人格を持つ企業であれば参戦できる「企業対抗戦」という2つのカテゴリーで開催された。
白熱するレースを余すことなく視聴者に伝える中継陣は、実況に鈴木学氏、ゲスト解説にレーシングドライバーの谷口信輝氏に加え、新たにJEGT認定ドライバーの太田健氏を起用。
さらに、司会進行はスポーツDJのAlee氏、アシスタントにレースクイーンの沢すみれさんという豪華メンバーを迎えて中継された。

使用コースとレースレギュレーション

JEGT2022開幕戦レギュレーション
JEGT2022開幕戦レギュレーション

2022年のJEGT開幕戦の舞台として選ばれたのは鈴鹿サーキット。
チームメンバー3名それぞれの実力が試される今回のレース開催方式も含めて、開幕戦のレースレギュレーションをご紹介する。

開幕戦は世界に誇るテクニカルコース鈴鹿サーキット

開幕戦は、世界中のドライバーから愛されている鈴鹿サーキットで開催された。
S字コーナーをはじめ18箇所ものコーナーで構成され、世界屈指のテクニカルでエキサイティングなコースと評される。
一方で全開率も高くマシンパワーも要求されるため、ドライビングテクニックだけではなくマシン特性をいかしたレース運びも重要な攻略ポイントとなる。

レースは3つのセッションで構成

レースは予選スーパーラップ、決勝ヒート1、決勝ヒート2という3つのセクションが設けられ、チームメンバー3名がそれぞれのセッションを担当する。

1本にかける集中力が要求され、決勝ヒート1のグリッドを決定する予選スーパーラップ。
5周という比較的短いレースのなかで結果を出さなければならず、決勝ヒート2のグリッド順を決める決勝ヒート1。
最後にバトンを受け継ぎ、10周という長丁場でチームの最終順位を担う決勝ヒート2。

それぞれ求められる能力が異なるセッションに、どのドライバーを配置するかというチーム戦略にも注目だ。

レースレギュレーション

実施形式 オンライン形式
使用コース 鈴鹿サーキット
予選形式 スーパーラップ形式(アウトラップ1周/アタックラップ1周) ※審議制度あり
決勝周回数 【ヒート1】5周 【ヒート2】10周
タイヤの消耗 【ヒート1】3倍 【ヒート2】1倍
燃料の消耗 【ヒート1】4倍 【ヒート2】2倍
使用可能タイヤ 【予選】レーシングハード 【ヒート1】レーシングハード 【ヒート2】レーシングハード(使用義務あり)/レーシングミディアム

トップリーグ ROUND1【予選スーパーラップ】

JEGT2022年開幕戦Rd.1予選スーパーラップでトップに立つ#01 鈴木選手
JEGT2022年開幕戦Rd.1予選スーパーラップでトップに立つ#01 鈴木選手(EVANGELION e-RACING with 広島マツダ)

予選スーパーラップで注目を集めたのは、ルーキーの#01 鈴木選手(EVANGELON e-RACING with 広島マツダ)。
JEGTデビュー戦の開幕戦、最初のセッションとなる予選スーパーラップで最初の出走という緊張する場面で1:58.737を叩き出し鮮烈のデビューを飾った。

各チーム#01鈴木選手のタイムに届かないなか、5番手でアタックした#54 坪井選手(TC CORSE Esports MAZDA)が魅せる。
セクター1、2で全体ベストを連続更新、トップタイムの更新を期待させる走りを展開。
タイムは1:58.741とわずかにトップ#01 鈴木選手に届かなかったものの、その差はわずか1000分の4秒という見事な結果を残した。
予選スーパーラップの結果、衝撃のデビュー戦となった#01 鈴木選手がトップタイム。
#54 坪井選手が惜しくも2番手、3番手に#105 鍋谷(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)が続いた。
最初の出走でトップタイムを出した#01 鈴木選手が際立ったものの、全体をみればタイム差は全車1秒以内。
トップリーグの高いレベルを改めて証明する結果となった。

なお、#55 古畑選手(ARTA)と#12 植野選手(KOSHIDO RACING)はコースリミット違反のため、予選後の審議によりノータイムとなった。

Pos Num Team Driver Time Gap
PP #01 EVANGELION e-RACING with 広島マツダ 鈴木 聖弥 1:58.737
2nd #54 TC CORSE Esports MAZDA 坪井 俊介 1:58.741 +0.004
3rd #105 TC CORSE SPK e-SPORT Racing 鍋谷 奏輝 1:58.797 +0.060
4th #888 Sengoku Gaming 川上 奏 1:58.939 +0.202
5th #127 eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS 瀬田 凛 1:59.149 +0.412
6th #777 D’station Racing 高橋 拓也 1:59.257 +0.520
7th #11 KOSHIDO Jr.RACING 北村 拓也 1:59.333 +0.596
8th #35 NISSAN × TRUST RACING 池内 比悠 1:59.631 +0.894
9th #55 ARTA 古畑 貴彬 No Time
10th #12 KOSHIDO RACING 植野 冬夷 No Time

トップリーグ ROUND1【決勝ヒート1】

#105 深谷選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)のコースオフシーン
JEGT2022年開幕戦Rd.1の決勝ヒート1で熾烈を極めた3番手争い

見事な予選スーパーラップでポールポジションを獲得した#01 EVANGELON e-RACING with 広島マツダの決勝ヒート1を担当するドライバーは、昨年個人戦(インディビジュアルマッチ)で総合優勝を獲得した山中選手。
惜しくも2番手スタートとなった#54 TC CORSE SPK e-SPORT Racingは、三宅選手で巻き返しを図る。

レースはローリングスタート方式ということもあり、全車トラブルなくスタート。
トップでスタートした#01 山中選手は、レース巧者の前評判通りスタート直後から後続との差を徐々に広げ始める。
一方で、2位争いは4番手スタートの#888 奥本選手(Sengoku Gaming)までの3台がオープニングラップから連なる混戦模様。
さらに2ラップ目に入り、#127 古屋選手(eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS)が2番手グループに接近し、熾烈な2番手、3番手争いに注目が集まった。

とくに激しい争いを繰り広げたのが3番手#105 深谷選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)と4番手#888 奥本選手だ。
コーナー立ち上がりで有利なポルシェ911を操る#888 奥本選手が再三スリップストリームに入って仕掛けるものの、ストレートの伸びで勝るRX-VISIONの#105 深谷選手がポジションをキープするという展開。

そして迎えた4ラップ目、1コーナーでついに均衡が破られる。
ストレートでスリップストリームに入った#888 奥本選手が、1コーナー飛び込みで#105 深谷選手のインをついてサイドバイサイドに持ち込んだ。
なんとかポジションキープをしようとした#105 深谷選手は、左タイヤをグラベルに落としスピン。
#888 奥本選手が3番手、後続の#127 古屋選手が4番手とそれぞれポジションアップし、#105 深谷選手は大きく順位を落とした。

レース結果は、オープニングラップから後続を引き離した#01 山中選手(EVANGELON e-RACING with 広島マツダ)がトップチェッカー。
2番手は#54三宅選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)、3番手に#888 奥本選手(Sengoku Gaming)、4番手に#127 古屋選手(eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS)が続いた。

Pos Num Team Driver Time Gap
1st #01 EVANGELION e-RACING with 広島マツダ 山中 智瑛 10:02.929
2nd #54 TC CORSE Esports MAZDA 三宅 陽大 10:07.168 +4.239
3rd #888 Sengoku Gaming 奥本 博志 10:07.377 +4.448
4th #127 eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS 古屋 公暉 10:08.592 +5.663
5th #777 D’station Racing 野島 俊哉 10:09.279 +6.350
6th #11 KOSHIDO Jr.RACING 今井 慶春 10:13.302 +10.373
7th #105 TC CORSE SPK e-SPORT Racing 深谷 諄 10:14.376 +11.447
8th #55 ARTA 滝田 歩夢 10:14.588 +11.659
9th #35 NISSAN × TRUST RACING 五木 隆太郎 10:16.089 +13.160
10th #12 KOSHIDO RACING ⿊畑 蓉 10:18.362 +15.433

トップリーグ ROUND1【決勝ヒート2】

#888 今村選手(Sengoku Gaming)オーバーテイクシーン
#888 今村選手(Sengoku Gaming)オーバーテイクシーン

決勝ヒート2は、大きなポジション変動はないものの、各ポジションで激しい争いが繰り広げられるトップリーグらしい見応えある展開となった。

最終順位を決定する決勝ヒート2は、トップでバトンを繋いだ#01 EVANGELON e-RACING with 広島マツダが世界トップクラスの速さを誇る宮園選手を起用という盤石の体制。
一方で、決勝ヒート1でポジションアップを決め、さらにファイナルラップでファステストラップを叩き出して2位に肉薄したポルシェ911の#888 今村選手(Sengoku Gaming)にも注目が集まる。

オープニングラップでまず魅せたのは#888 今村選手。
2番手をいく#54三宅選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)に対して、バックストレートから130Rにかけてスリップストリームに入ると、最終シケインでインに飛び込みオーバーテイク。
見事2番手にポジションアップを決めた。

2ラップ目で注目を集めたのは、予選ノータイムで決勝に臨んだ#55 ARTA。
アグレッシブな走りでポジションアップを狙う#55 杉守選手は、デグナーで前をいく#11 佐久間選手(KOSHIDO Jr.RACING)のスリップストリームに入ると、ヘアピンでアウト側から並び立ち上がりでオーバーテイクを決めた。

そのほかにも、3ラップ目での#777 森本選手(D’station Racing)が3番手#127 堤口選手(eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS)を、8ラップ目には#55 杉守選手が6番手#105 菅原選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)をそれぞれオーバーテイク。
ファイナルラップまでテールトゥノーズで続いた2番手争いをはじめ、オーバーテイクに至らないバトルも含めて各ポジションで激しい順位争いが繰り広げられた。

レース結果は、1位#01 宮園選手(EVANGELON e-RACING with 広島マツダ)、2位はオープニングラップでオーバーテイクを決めた#888 今村選手(Sengoku Gaming)となった。
3位は猛プッシュもわずかな差で届かなかった#54三宅選手(TC CORSE SPK e-SPORT Racing)、4位は#777 森本選手(D’station Racing)。

なお、レース後審議で#12 長選手(KOSHIDO RACING)に「走路外使用による追い越し」のペナルティが課せられた。

Pos Num Team Driver Time Gap Point
1st #01 EVANGELION e-RACING with 広島マツダ 宮園 拓真 20:01.411 33
2nd #888 Sengoku Gaming 今村 駿佑 20:05.055 +3.644 22
3rd #54 TC CORSE Esports MAZDA 佐々木 唯人 20:05.331 +3.920 21
4th #777 D’station Racing 森本 健太 20:06.344 +5.233 13
5th #127 eM福岡 エンタテ!区 LEGENDS 堤口 直斗 20:07.792 +6.381 12
6th #55 ARTA 杉守 翔平 20:09.793 +8.382 8
7th #105 TC CORSE SPK e-SPORT Racing 菅原 達也 20:10.723 +9.312 6
8th #35 NISSAN × TRUST RACING 小木田 恭悟 20:16.805 +15.394 4
9th #12 KOSHIDO RACING 長 和樹 20:19.535 +18.124 2
10th #11 KOSHIDO Jr.RACING 佐久間 俊一 20:26.553 +25.142 1

 

見た目の順位以上に白熱した展開となった開幕戦

開幕戦優勝を飾った#01 EVANGELION e-RACING with 広島マツダ
2022年JEGT開幕戦優勝を飾った#01 EVANGELION e-RACING with 広島マツダ

トップリーグ開幕戦は、レース結果だけをみると前年優勝の実績通り#01 EVANGELON e-RACING with 広島マツダの完勝となった。
しかし、各セッションのレース展開にフォーカスすると、決して盤石の1強というわけではない。

予選スーパーラップは3位までが100分の6秒差という僅差で、決勝ヒート2を担当した#01 宮園選手が「必死でプッシュしました」とレース後に語っているように、序盤の2番手争いで広がったトップと2位との差はレース後半で縮まっている。
また、決勝ヒート1、ヒート2ともにトップチェッカー以外のチームがファステストラップを記録するなど、レース中のタイムも各チームほとんど差がなくリーグ全体のレベルが上がっていることを実感できるレースとなった。

注目のシリーズ第2戦は、2022年12月3日(土)開催予定。
開幕戦勝利を飾った#01 EVANGELON e-RACING with 広島マツダが勝利を重ねるのか、はたまた各チームの逆襲はあるのか、開幕戦以上の手に汗握るバトルに期待したい。

 

Rd.1トップリーグ アーカイブ動画

関連記事

« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930