NEWS

ニュース
  • 2022.10.31
  • その他

グランツーリスモはハンコンと純正コントローラーどちらがおすすめ? それぞれの特徴を詳しく解説

JEGTの公式ハンドルコントローラーLogicoolG923

グランツーリスモをはじめ、レースゲームで必要不可欠なアイテムとして紹介されるハンドルコントローラー(ハンコン)。
一方手軽にプレイしたい方は、純正コントローラーでもレースゲームを十分に楽しむことができる。

これからグランツーリスモをはじめる初心者の方にも分かりやすく、ハンコンと純正コントローラーの違いについて解説していこう。

実車に近いドライビング体験を目指すならハンコン

JEGTの大会でハンコンを巧みに操る選手たち

ハンコンは価格や機能によって、さまざまなモデルが販売されている。
クルマの挙動をリアルに再現したグランツーリスモなら、より実車に近いドライビング体験できるハンコンの導入を強くおすすめしたい。
まずは、ハンコンのメリットとデメリットを紹介していこう。

ハンコンでリアルなドライビング体験を味わう

ハンコンを導入する最大のメリットは、レースゲームをよりリアルに体感できることだ。
高速コーナーでの的確なステアリング操作、テールスライドをした際のカウンターステアなど、実車と同様の操作をリアルに体験できる。

また、ハンコンにはブレーキやアクセルペダルもセットにされているモデルも多い。
ステアリングと同様に、アクセルやブレーキも微妙なタッチでコントロールできる点もハンコン導入のメリットだ。
さらに、クラッチペダルが用意されているモデルもあるので、シフターと呼ばれるシフトレバーを導入すれば、実車さながらのリアルなシフトチェンジも再現できる。

ハンコンならレースゲームで不足するインフォメーションを補える

グランツーリスモをはじめとするレースゲームで実車と大きく異なるのが、路面状況やクルマにかかるGを感覚として捉えにくいことだ。
画面からの情報のみでは、クルマの挙動変化を掴むタイミングがどうしてもワンテンポ遅くなってしまう。

FFB(フォースフィードバック)を備えたハンコンなら、ステアリングの抵抗感や路面の凹凸など、画面からでは得られない車両の状況を掴むことができる。

設置場所の確保がハンコン導入のネック

ハンコンを使用するには、しっかりと固定できる設置場所が必要だ。
また、ペダルの設置場所と椅子についてもハンコンの設置場所とあわせて考えなければならず、最高のプレイ環境を実現したいのであれば、コックピットの導入も検討したいところだ。

なお、手軽に楽しむならリビングテーブルに固定してソファに座ってプレイすることもできる。
ただし、リビングテーブルに固定する場合は、普段の生活で邪魔になるのでその都度セッティングと片付けが必須であることは覚えておこう。

ゲームに慣れているならコントローラーも捨てがたい

グランツーリスモ7のコントローラーカスタマイズ画面

PlayStation®5 、PlayStation®4に付属する純正コントローラーでもグランツーリスモは十分に楽しめる。
むしろ、ゲームの操作に慣れているなら、ハンコンよりも速いタイムを出すことも難しくない。
ここでは、純正コントローラーのメリットとデメリットを紹介する。

レースゲームでもコントローラーならすぐに遊べる

グランツーリスモでコントローラーを使用する最大のメリットは、手軽に遊べることだ。
面倒なセッティングや片付けも不要で、プレイしたいときにすぐに始められる。

また、PlayStation®5 、PlayStation®4のコントローラーはワイヤレスなので、プレイ場所を選ばないのも大きなメリットだ。
操作に慣れてくれば、ソファに寝転がったままでもオンラインレースを楽しめる。

ハンコンより速いタイムを出すプレイヤーもいる

ゲームの操作に慣れているプレイヤーなら、コントローラーでも十分速いタイムを出せる。
実際、2022年10月16日に開催された全国都道府県対抗eスポーツ選手権では、決勝の舞台でコントローラーを使用するプレイヤーもいた。

純正コントローラーでグランツーリスモをプレイするなら、ステアリング操作は十字キーやスティックに加え、コントローラーの傾きに反応するモーションセンサーも用意されている。
ハンコンのようにコントローラーが固定されていないため慣れは必要だが、実際のハンドルに近い形で操作可能だ。
また、ボタンのアサインも自由なので、自分の好みにあわせて操作しやすいようにカスタマイズすることでより操作しやすくなる。

また、コントローラーに内蔵されている振動機能もレースゲームには重要な機能だ。
路面の凹凸といった感覚的なインフォメーションも、振動機能によってある程度把握することができる。

コントローラーではドライビング体験にならない

グランツーリスモをコントローラーでプレイすると、あくまでもゲーム操作となるため、残念ながらリアルなドライビング体験とはならない。
単にクルマをうまく操作するだけではなく、レースやドライビングを「体感」したいのであれば、やはりハンコンをおすすめする。

グランツーリスモはハンコンとコントローラーのどちらでも楽しめる

グランツーリスモはハンコンでもコントローラーでも楽しめる

リアルドライビングシミュレーターを謳うグランツーリスモの魅力を最大限引き出すのはもちろん、ハンコンならゲームに慣れていない方でも操作も覚えやすい。
一方で、ハンコンは導入コストもかかるうえ設置場所も考えなければならないため、まずは手軽に楽しめる純正コントローラーから始めても十分レースを楽しめる。

実車でのレースと異なり、環境を完璧に整えなくてもすぐにプレイできるのが“レースゲーム”のいいところなので、形にこだわらず無理なく自分のスタイルでグランツーリスモを楽しんでほしい。

国内最高峰のレースが楽しめるアーカイブ動画

関連記事

総額10万円から楽しめる【大人の趣味】グランツーリスモではじめるeモータースポーツ

グランツーリスモをもっと楽しく!レースゲームだからこそこだわりたいバケットシート

毎日開催されるレースやレベルに合わせた大会に参加して自宅でグランツーリスモを楽しもう!

« 2021.11 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2022.10 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.11 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930