NEWS

ニュース
  • 2022.11.05
  • その他

グランツーリスモの大会で勝つためのコース攻略| 鈴鹿サーキット編

2022年度JEGTの開幕戦には鈴鹿サーキットが使用された

「鈴鹿サーキットは、神の手で作られたコース」
2009年に初めて鈴鹿を制覇したF1ドライバー、セバスチャン・ベッテルの言葉だ。
鈴鹿サーキットは、世界中のドライバーにとって魅力的なサーキットの1つであり、数多くの名勝負も生まれている。
高度なドライビングテクニックが要求される鈴鹿サーキットは、グランツーリスモの大会で使用され、大会での好成績を狙うのなら必ず攻略しておきたいコースの1つだ。
今回は、鈴鹿サーキットの攻略方法を詳しく紹介する。

F1をはじめ実車の大会でも世界のドライバーがあこがれるサーキット

グランツーリスモSPORTのコース選択画面

鈴鹿サーキットを称賛するドライバーは、ベッテルだけではない。
ミハエル・シューマッハやルイス・ハミルトン、アイルトン・セナなど、多くのF1チャンピオンが鈴鹿を特別視したコメントを数々残している。

まずは、世界中のドライバーから愛されている、鈴鹿サーキットの基本的な情報を紹介しよう。

大会でもよく使用される世界有数のテクニカルサーキットだから

三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットの全長は5,807m。
立体交差を使用した8の字レイアウトが特徴のコースで、十分な長さを持つメインと西ストレートの全開区間と、S字などのテクニカル区間をバランスよく組み合わせた構成となっている。

F1をはじめとする多くのドライバーが“特別な場所”と評するほど、ドライバーにとっても魅力的なコースレイアウトだ
世界に誇る日本のサーキットということで、グランツーリスモの大会でもよく使用されている。
グランツーリモの大会として国内最高峰となるJEGTでも2022年シリーズの開幕戦の舞台に選ばれ、各チームの手に汗握るバトルが繰り広げられた。

鈴鹿サーキットに向いているグランツーリスモに登場するクルマ

鈴鹿サーキットを走るためには、鋭い加速力と最高速、俊敏な回頭性とあらゆる性能が求められる。
しかし、残念ながらすべての条件を最高性能で満たすクルマはない。
つまり、鈴鹿サーキットを走行するクルマを選ぶ際は、マシンの性能よりも自分のドライビングスタイルにあわせて選ぶことが重要だ。

何を選べばいいか迷った場合は、バランスの良いクルマを中心に選ぼう。
マツダ RX-VISION GT3 CONCEPTやPorsche 911 RSRは回頭性と加速力のバランスが比較的整っていて扱いやすい。

グランツーリスモの大会で勝つためには丁寧な攻略が鍵

S字コーナーでしっかりとイン側につくSengoku Gamingの「Porsche 911 RSR」とTC CORSE Esports MAZDAの「マツダ RX-VISION GT3 CONCEPT」

アクセル全開からのフルブレーキング、クイックなステアリングさばきと的確な荷重移動、鈴鹿サーキットはドライビングに必要なテクニックがすべて要求されるサーキットだ。
漠然とタイムアップを狙うのではなく、1つずつ分解して丁寧に攻略していこう。

速度を維持して飛び込みたい1コーナー

高速を維持したまま1コーナーへ進入

1コーナーから2コーナーにかけての走り方には2種類ある。
1つはセオリー通り1コーナー、2コーナーそれぞれで進入時のブレーキングと加速をおこなう方法、もう1つは1コーナーと2コーナーをあわせて1つのコーナーとみなす走り方だ。

2コーナー進入時に適切な速度に落とせるよう、1コーナーでは方向を変えるイメージの軽いブレーキングで速度を保ったまま侵入することがポイント。
進入速度が速いので姿勢を維持するのが難しいが、マスターできればかなり速くコーナーを抜けられるようになる。

鈴鹿サーキットの名所S字区間

2つめのS字コーナーは脱出ラインに注意

鈴鹿サーキット名所の1つであるS字区間は、常に次のコーナーへの進入を意識することが重要だ。
軽いブレーキングで1つめのコーナーに侵入したら、しっかりとインクリップを取りすぐ次のコーナーに備える。
2つ目のコーナーでは、3つ目への進入を意識したライン取りが重要。
コーナーを抜ける際に、アウトいっぱいまで使わずコース中央あたりを目安にすると3コーナーにスムーズにつながる。

最後の逆バンクは乱暴にアクセルを開けると外側にはらみやすく、スピンやコースオフをしやすい。
しっかりとイン側についてダンロップコーナーに向けて丁寧にアクセルを開けよう。

大胆さと繊細さが必要なデグナー

テグナー1つ目のコーナーはインからアウトまでしっかりと使う

ダンロップコーナーから十分に加速して飛び込む1つ目のテグナーは、軽いブレーキングで速度を保ったまま、スパッとステアリングを切り込めば抜けられる。
きっちりとイン側を取るラインを走ることで速度が出ていてもクリアできるので、思い切って走れるラインを模索しよう。

一方で、テグナー2つ目のコーナーはフルブレーキングからのコーナリングとなる。
アウト側の縁石の幅は広いが、深く乗り過ぎてしまうと姿勢を乱しやすいので注意したい。

続くヘアピンは、その後の速度を高くするためスムーズに立ち上がることが重要だ。
しっかりとブレーキングをして進入すれば、若干バンクがついているのでアクセルは開けやすい。

スプーンは反復練習でリズムをつかむ

スプーンカーブへの進入ライン

左複合コーナーとなるスプーンカーブは、ブレーキングとアクセルをリズム良くおこなうことが重要だ。
オーバーランしないように丁寧なブレーキングをしつつ、最大限アクセルを開けられるラインを見つけよう。

とくにスプーン出口のコーナーの脱出速度は、そのまま西ストレートの最高速に影響するのでしっかりとアクセルを開けられるように走りたい。
何度も反復練習をして、スプーンカーブ独特のリズムをつかんで欲しい。

ドライバーの度胸が試される130R

130Rへは一瞬のアクセルオフのみで進入

全開で走行する西ストレートからわずかに左へ曲がる130Rは、アクセルオフの時間をどれだけ縮められるかでタイムが大きく変わってくる。
タイミングをつかめば、一瞬のアクセルオフでほぼ全開のままクリアすることが可能だ。

焦らず丁寧にシケインをクリア

シケイン進入ではしっかり減速

高速域からのフルブレーキングとなるシケイン進入は、焦らず十分に速度を落としてからクルマの向きを変えよう。
2個目コーナーを抜けるとゴールラインまで一気に加速するため焦ってアクセルを開けがちだが、出口が狭く縁石を使うことになりスピンやコースアウトにつながってしまう。

丁寧なアクセルワークで姿勢を安定させてからフルスロットルでゴールを目指そう。

グランツーリスモの大会で成績を残すために攻略必須のサーキット

グランツーリスモ7のサーキットエクスペリエンス画面

リアルなレーシングドライバーから絶賛される鈴鹿サーキットは、日本が世界に誇るテクニカルサーキットだ。
クルマにもドライバーにも速く走るために必要なすべて要素が要求され、グランツーリスモの大会でより上位を狙いたいのならとにかく走り込まなければならない。

そこで、グランツーリスモ7とグランツーリスモSPORTのどちらにも用意されている「サーキットエクスペリエンス」を活用しよう。
苦手なコーナーを徹底的に練習し、日本が誇る鈴鹿サーキットを思い通りに走れるようになればほかのサーキットでも応用可能なドライビングテクニックの引き出しを増やすことができる。

ぜひ、JEGT 2022年シリーズRd.1で鈴木 聖弥選手が記録したポールタイム「1:58.737」に挑戦してみて欲しい。

国内最高峰のレースが楽しめるアーカイブ動画

関連記事

初心者必見!今日から簡単に速くなるグランツーリスモ練習法

毎日開催されるレースやレベルに合わせた大会に参加して自宅でグランツーリスモを楽しもう!

総額10万円から楽しめる【大人の趣味】グランツーリスモではじめるeモータースポーツ

« 2021.11 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2022.10 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.11 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930