NEWS

ニュース
  • 2022.11.24
  • その他

グランツーリスモはハンコンがないと楽しめないのか?!純正コントローラーでプレイするコツを紹介

ハンドルコントローラーがあればだれでも本格的なドライビングが楽しめる

グランツーリスモをよりリアルにプレイしたいのなら、ハンドルコントローラー(以下ハンコン)は最適なツールだ。
しかし、ハンコンを導入するには、費用や場所などクリアすべき問題もあり、すべてのユーザーが導入できるわけではない。

実はプレイステーションに付属する純正コントローラーでも、十分グランツーリスモを楽しむことも十分できる。
実際、純正コントローラーを駆使して、国体の決勝大会に出場した選手もいるほど。
今回は、少し視点を変えて純正コントローラーでグランツーリスモをプレイするメリットやコツを紹介しよう。

ハンコンではなく純正コントローラーという選択

PlayStation®5の純正コントローラ

ハンコンを導入するには、費用や場所などクリアすべき問題もあり、すべてのユーザーが導入しているわけではない。
実際の数字は不明だが、グランツーリスモをプレイする多くのライトユーザーは純正コントローラーを使っているはずだ。
ハンコンにはない、純正コントローラーならではのメリットについて紹介する。

グランツーリスモは純正コントローラーで遊ぶことが大前提

プレイステーション用ゲームとして販売されているグランツーリスモは、ゲーム機本体に付属する純正コントローラーでプレイすることを前提に開発されている。

事実、グランツーリスモを最初にプレイする際には、コントローラーの初期設定画面が開く。
ハンコンを使ったほうが実車に近いドライビング体験はできるが、あくまでもオプションだ。
ハンコンではなく純正コントローラーでも、グランツーリスモを十分に楽しめる。

ゲーム好きならハンコンよりも馴染みやすい

グランツーリスモに限らず、普段からゲームをしている人なら純正コントローラーでの操作ほうがハンコンよりも馴染みやすい。
ハンコンは、あくまでもゲームの操作を実車の運転に近づけるためのものだ。
しかも、全身を使っての操作となるため、コントローラーでのゲーム操作に慣れているとかえって難しく感じることもある。

レースゲーム以外にも視野を広げると、グランツーリスモより繊細なコントロールや反射神経を要求されるゲームも多い。
純正コントローラーなら、いつものゲームと同じ感覚でプレイ可能だ。

場所や年齢などの制約なくグランツーリスモをプレイできる

純正コントローラーを使用すれば、コックピットの設置場所を確保する必要がなく準備や後片付けの手間も不要で、思い立ったときいつでも手軽にプレイできる。

また、小さな子どもは体格の問題もあり、ハンコンでのプレイは難しい。
FFB(フォースフィードバック)が強いダイレクトドライブのハンコンの場合、怪我をする恐れもあり使用には注意が必要だ。

一方、純正のコントローラーであれば、年齢や体格に関係なく誰でも安全にプレイできる。

ハンコンを使用せず純正コントローラーでうまく走らせるコツ

PlayStation®5版グランツーリスモ7の純正コントローラーボタンアサイン画面
PlayStation®5版グランツーリスモ7の純正コントローラーボタンアサイン画面

純正コントローラーでグランツーリスモをプレイするにあたって大切なことは、リアルなドライビングを目指すのではなくゲーム操作に徹すること。

グランツーリスモは実際のクルマの運転ではなく、あくまでもゲームとしてドライビングテクニックのセオリーに縛られる必要はない。
どんな操作方法でも、自分がやりやすい方法で遊ぶことが重要だ。
純正コントローラーでグランツーリスモの操作をする方法について、ちょっとしたコツも交えながら紹介しよう。

ステアリングの感覚をつかむ

グランツーリスモ7のステアリング操作選択画面
グランツーリスモ7のステアリング操作選択画面

純正コントローラーとハンコンで、もっとも違いを感じるのがステアリング操作。
的確なステアリング操作によるコーナーワークは、レースでのタイムに直結するため、できるだけ早く感覚をつかむことが重要だ。

ステアリングの操作方法は3種類用意されている。
1つは左スティックを使うもので、舵角の維持や修正など細かなコントロールがしやすい。
一方で、ほかのボタン操作でコントローラーが動いてしまうといったちょっとした動きでも敏感に反応するためある程度慣れが必要だ。

2つ目は方向キーの左右を使用する方法。
初期のグランツーリスモや多くのレースゲームでも使われている方法なので、昔からプレイしている人は左スティックよりも操作しやすいと感じることもあるようだ。
ただし、上記の左スティックが緻密に操作できるアナログ入力であるのに対し、方向キーはオンとオフしかないスイッチ的な操作になるため、微調整は難しい。

3つ目は、モーションセンサーを使用して、コントローラーそのものをステアリングに見立てて操作する方法だ。
右に曲がりたい時は、コントローラーを右に傾けるため、実際のステアリング操作と近い直感的な操作感を味わえる。
ただし、コントローラーを常に同じ姿勢で保持しておく必要があるため、プレイする際の姿勢は制限されてしまう。

アクセルとブレーキの繊細な操作を指先に覚え込ませる

アクセルとブレーキは、単なるオンオフだけではなく微妙な調整ができる必要だ。
ただし、ハンコンに付属するペダルの様に十分なストローク量がないため、操作は数mm単位と繊細。
ボタンをどの程度押し込んだら、アクセル(ブレーキ)がどう反応するのかを掴もう。

レースの中で細かい確認をするのは難しため、タイムトライアルなど落ち着いて操作できるモードを利用することをおすすめする。
ストローク量の調節が難しい場合は、「□」「×」ボタンでの操作も試してみてほしい。
ボタンを連打することで、細かいコントロールができる。

ボタンを使いやすくアサインする

純正コントローラーでグランツーリスモをプレイする場合は、指先だけですべての操作をおこなうことになるため直感的に操作できることが重要だ。
グラツーリスモでは、どのボタンにどの機能を割り当てるのかを自由にアサインできる。

ステアリングを十字キーにするのか、アクセルはR2なのかボタン操作なのか、自分が1番操作しやすいボタンアサインを見つけよう。
デフォルトでアサインされているもので基本的には不自由は感じないが、古くからのグランツーリスモファンのなかには、ステアリングは十字キー、アクセルとブレーキは「×」「□」ボタンのほうが操作しやすいという人もいる。

純正コントローラーを使う選手が国体のグランツーリスモ部門に出場していた

JEGT2021年シーズングランドファイナルの様子
JEGT2021年シーズングランドファイナルの様子

国体の一環として開催された、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2022 TOCHIGI」のグランツーリモ部門本選出場者のなかに、ハンコンではなく純正コントローラーを使用する選手が1人いた。
つまり、純正コントローラーを使っていても、日本トップクラスの戦いができるということだ。

純正コントローラーは、ハンコンのようにリアルなドライビング体験ができない反面、場所も取らず誰でも気軽に操作できる。
実際にクルマを運転したことのない人やスポーツドライビングの経験が浅い人でも、純正コントローラーならほかのゲームと同じ感覚でグランツーリスモを楽しむことが可能だ。
普段ハンコンでプレイしている人も、気分を変えて使ってみると新しい発見があるかもしれない。

Text: 渡邉 篤

国内最高峰のレースが楽しめるダイジェスト動画はこちら

関連記事

グランツーリスモはハンコンと純正コントローラーどちらがおすすめ? それぞれの特徴を詳しく解説

グランツーリスモをもっと楽しめるハンコンはどれ?駆動方式別の特徴を徹底解説

【グランツーリスモ7部門】全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2022 TOCHIGIレースレポート|JEGT認定ドライバーがワンツーフィニッシュ

« 2021.11 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2022.10 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.11 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930