NEWS

ニュース
  • 2022.12.27
  • その他

グランツーリスモの大会で勝てるタイヤ戦略! コンパウンドの違いや選び方を詳しく解説

見事なタイヤ戦略を見せたJEGTトップリーグ#55 ARTA

ピットアウト時のポジション逆転は、コース上でのオーバーテイク同様に手に汗握る瞬間だ。
しかも、コース上でポジションアップを狙うことに比べて、接触やコースアウトといったリスクが少ない。

今回は、レースで重要なタイヤ戦略について、実際のJEGTトップリーグでの事例をまじえて詳しく解説しよう。

グランツーリスモでは実車同様に複数のタイヤが用意されている

グランツーリスモ7のレーシングタイヤ・ソフトの購入画面

F1やスーパーGTといった実車のレースでは、タイヤ選択が非常に重視され勝敗を大きく分けるポイントとなる。
リアルなドライビング体験ができるグランツーリスモでは、タイヤのコンパウンドが複数用意されており、ライバルよりも有利にレースを進めるため、まずは、タイヤの違いについて基本的なことをおさらいしておきたい。

>>タイヤの違いと戦略について【JEGT認定ドライバー大田 夏輝】

タイヤはコンパウンドの違いで特性が違う

タイヤの“コンパウンド”とは、トレッド面(接地面)に使用されている複合ゴムのことを指す。
本来“混合物”を意味する「コンパウンド」という言葉が使われる理由は、複数の素材を混ぜ合わせて作られているためだ。

タイヤの特性は、剛性や溝のデザインによっても左右されるが、混ぜ合わせる素材や配合率によって変わってくる。
溝のないレーシングタイヤの性能の違いは、使用されているコンパウンドによる影響が大きい。

グランツーリスモには複数のコンパウンドが用意されている

グランツーリスモのドライ用タイヤは、コンフォートタイヤ・スポーツタイヤ・レーシングタイヤの3種類があり、それぞれにソフト、ミディアム、ハード、3種類のコンパウンドが用意されている。
さらに、レーシングタイヤにのみ、浅溝のインターミディエイトとウェットという2種類の雨天用タイヤがある。

ソフトタイヤは路面への食いつきがよく、もっとも高いグリップ力を発揮できる一方、摩耗しやすいため耐久性は低い。
逆にハードタイヤは長い距離を走行できる反面、グリップ力が低く、ミディアムタイヤは両者のちょうど中間といった特性だ。

タイヤ戦略がグランツーリスモの大会結果を左右する

Rd.2トップリーグで激しいポジション争いを繰り広げた「#01  EVANGELION e-RACING with 広島マツダ」と「#55 ARTA」

グランツーリスモの大会だけでなく、いつでも参加できるデイリーレースの中には、周回数が多く途中でタイヤ交換を必要とするケースもある。
レースで結果を残すには、速いラップタイムで走るドライビングテクニックと同様に、タイヤ戦略も重要なポイントだ。

オートポリスで行われたJEGTトップリーグ Rd.2のレースにおいて、見事優勝を決めた#55 ARTAのタイヤ戦略についても紹介していこう。

>>タイヤ戦略が結果を左右したJEGT2022トップリーグRd.2のレース詳細はこちら

コース上でバトルをしなくてもオーバーテイクが可能

グランツーリスモの大会をはじめ、デイリーレースでも実力に応じてクラス分けがされている。
ほぼ同じ実力のドライバー同意がレースを戦う場合、相手がミスをしない限りコース上でのオーバーテイクは難しい。

そこで重要になってくるのが、タイヤ交換をいつするかという戦略だ。
タイヤ交換のタイミングを工夫すればライバルの前に出ることもできるため、レース前にはしっかりと戦略を立てておきたい。

JEGT2022シリーズRd.2では#55 ARTAが見事なタイヤ戦略を見せた

タイヤ戦略のお手本のようなレースとなったのが、2022年12月3日開催された、JEGT2022シリーズトップリーグのRd.2だ。
決勝ヒート2、3番手スタートとなった#55 ARTAだったが、参加チーム中唯一2本目にハードタイヤという戦略をとって見事に初優勝を決めた。

前半のコース上が混雑している状況はミディアムタイヤでレースペースについていきつつ、2本目としてハードタイヤを選択。
ハードタイヤを1周のみ使用すると、すぐにソフトタイヤに交換し、全チーム中で一番早くすべてのピット作業を終えた。

ソフトタイヤへの交換後は、前走車のいない状態でコースに復帰。
ソフトタイヤのグリップ力をいかして、ファステストラップを記録しながら順調にラップタイムを重ねる。
全チームがピット作業を終えると、コース上で先頭を走る#777 D’Station Racingにわずかに届かなかったものの、僅差の2番手に食い込んだ。(レース後のペナルティによって結果は優勝)
スタート時にトップとの間隔が空いてしまうローリングスタートで3番手ということを考えると、コース上のタイムは実質的には一番速かったことになる。

タイヤ戦略を立てるにはセオリーの理解が重要

インテルラゴス・サーキットのピットレーン

タイヤ戦略を立てる際は、そのセオリーを理解しておくことが重要だ。
タイヤによるタイムの違い、コースによるピットロスタイム、どのタイミングでどのタイヤで走ればもっとも効率がよいかなど、基本的なことをしっかりと把握しておこう。

>>グランツーリスモの大会やレースを楽しみたい方はこちら

タイムの落ち幅とピット作業時間を把握

使用義務があるタイヤそれぞれのタイムの差とその落ち幅、そして、ピットレーン走行も含めたタイヤ交換時にかかるピット作業時間を事前にシミュレーションしておこう。

たとえば、ソフトタイヤとハードタイヤでラップタイムに2秒の差があると仮定しピット作業時間が25秒の場合、残り周回数が13周以上あれば、ピットロスを含めてもソフトタイヤに交換したほうが全体の時間は短くなることになる。

やわらかいタイヤをできるだけ長く使用

レースをより有利に進めるためのセオリーは、レギュレーション上の使用義務のあるタイヤのうち、やわらかい方のタイヤをできるだけ長く使うことだ。
レース全体の周回数とピット回数を考えて、1番やわらかいタイヤでどうすれば多くの周回を重ねられるかを考えよう。

ただし、複数回のタイヤ交換が必要な場合は、ピットロスも含めた全体のタイムでタイヤ交換回数も考える必要があるため、戦略の立て方がやや複雑になる。

人と違うタイヤ戦略を立てる

コース上でのオーバーテイクが難しいレースでは、人と同じタイヤ戦略をとっていてもなかなかポジションを奪えない。
ライバル車のタイヤ戦略を予想しながら、自身ができるだけベストラップを重ねられるタイヤ戦略を立てよう。

タイムの出せるやわらかいコンパウンドを使う際は、できるだけ前走車のいない状況でタイムを稼ぐことが重要となる。
逆にタイムの出ない固いタイヤはトラフィックが発生しやすい場面で使用し、ライバル車とのタイム差を最小にしておきたい。

たとえば、自分より前のポジションにいるクルマがタイムの出ないハードタイヤを使用している場合、ソフトタイヤを選択しても思うようにラップタイムは伸ばせない。
逆に、ハードタイヤでの走行でライバル車に大きく差を開けられてしまってはポジションを奪えなくなってしまう。

タイヤ戦略で重要なアンダーカットとオーバーカット

コース上でのオーバーテイクが難しい場合、タイヤ交換のタイミングを変えることでライバル車の前に出る作戦がアンダーカットとオーバーカットだ。

アンダーカットとは、ライバル車よりも早くピットインしてフレッシュな状態のタイヤでより速いラップタイムを出し、最終的に前に出ようとする作戦。
オーバーカットはこの逆で、ライバル車がピットインをしているあいだ、新しいタイヤがあたたまって本来のグリップ力を発揮するまでにできるだけコース上にとどまってタイムを稼ぐ作戦だ。

どちらも、コース上で直接バトルをするロスがないため、タイヤの摩耗状況や直近のラップタイムによって取るべき戦略は変わってくる。
ただし、実車のレースと違ってアウトラップからタイヤ性能が十分に発揮されるグランツーリスモでは、アンダーカットのほうが有利になることが多い。

カスタムレースなどで何度もシミュレーションをする

グランツーリスモ7ではレース開始画面からでもタイヤ購入が可能

タイヤ戦略を立てるには、複数の条件を踏まえて綿密に計算をする必要がある。
いきなりレースに臨んでも、最適なタイヤ選択と交換タイミングを見極めるのは難しい。
カスタムレースやロビーで、実際に参加するレースと同様の設定をおこない何度もシミュレーションをしておこう。

また、グランツーリスモ内のデイリーレースでは、タイヤ交換が必要なレースが開催されていることもあるので、レース状況に応じた臨機応変な作戦変更の練習も可能だ。
さまざまな場面を想定してタイヤ戦略を立て、ドライビングテクニック以外でもぜひライバルに差をつけてほしい。

Text: 渡邉 篤

ピット戦略が勝敗につながった!JEGT2022 Rd.2トップリーグダイジェスト

関連記事

初心者必見!今日から簡単に速くなるグランツーリスモ練習法

グランツーリスモの大会で勝つためのコース攻略| オートポリス編

総額10万円から楽しめる【大人の趣味】グランツーリスモではじめるeモータースポーツ

« 2021.11 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
« 2021.12 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
« 2022.1 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.2 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
« 2022.3 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
« 2022.4 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 2022.5 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
« 2022.6 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
« 2022.7 »
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
« 2022.8 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
« 2022.9 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
« 2022.10 »
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
« 2022.11 »
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
« 2022.12 »
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
« 2023.1 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
×
×